多摩岳精会の各種イベントを随時紹介しています


平成30年度 第47回クラウン全国吟詠コンクール課題吟


2018年3月25日(日)~3月26日(月)に多摩岳精会幹部一泊研修会が、30名の参加を得て横浜市の上郷・森の里にて行われました。25日は渡精華会長の吟詠ご指導(咸陽城の東楼)、神山衛風先生による指導研修、全員ミーティングが行われ、26日はとり舟体操、渡精華会長の吟詠ご指導(短歌 あらし吹く、淡路島)及びそのコンダクターのご指導がありました。この2日間、密度の高い研鑽に全員が取り組むことに加え、とり舟体操や懇親会などによって連帯感も育まれ、貴重な経験をすることが出来ました。参加された皆様、お疲れさまでした。  (写真提供:井上龍明先生)


2018年3月18日(日)に川崎保育会館にて、平成30年度岳精流全国(独吟)コンクールが開催されました。全国から集った岳精会の精鋭吟士による恒例のコンクールであり、立派な吟の御披露がありました。

多摩岳精会からも多数出吟があり、少年の部で大根田彩乃さんが優勝、幼年の部で今野尊子ちゃんが2位、家吉翔大君が3位、家吉碧空君が5位にそれぞれ入賞され、また一般の部では岡野稔さんがみごと優勝されました。皆さん、大変おめでとうございます! (記事投稿:加藤敬泉)

一般の部優勝の岡野稔さんの表彰風景


2018年1月28日(日)~1月30日(火)に本部吟行会(鹿児島)~西郷どんに会いに行こう~ が二泊三日で行われ、総参加会員数は200名を超えました。宗家による「公開講座」には、鹿児島の一般の方々100名以上の参加も加わって盛大に行われました。また、西郷隆盛の史跡巡り、「知覧特攻平和会館」、仙厳園、尚古集成館などを訪ね、歴史と文化を感じる有意義な吟行会となりました。(記事投稿:加藤敬泉)

宗家の公開講座は、鹿児島の一般の方々100名以上の参加を得て、全国から集まった岳精流200名の会員共々、盛大に行われました。

南洲神社、照国神社を参拝後、島津斉彬公の前で合吟

知覧の特効平和会館で語り部の話を聞き、若くして亡くなった方々の遺書を見て涙!

左は桜島をバックに、右は開聞岳をバックにした記念撮影


2017年12月9日(土)に 川崎教育文化会館6F大会議室 にて、本部全国研修会が行われました。宗家より来年度の指定吟題の吟詠ご指導があり、出席者一同、真剣に研鑽に取り組みました。また、宗家より師範クラスの先生方への許証授与式があり、多摩岳精会からは磯子教場 金子龍昌先生が奥伝師範十段を受領なされました。(下の左側の写真が宗家先生、右側の写真の前列右から3人目が金子龍昌先生です)


2017年11月4日(土)~5日(日)に日本武道館にて第49回全国吟剣詩舞道大会が開催されました。4日は吟詠スーパーチームによる吟詠や特別企画吟剣詩舞「龍馬」が演じられ、5日は恒例の全国吟詠合吟コンクールが行われ、岳精会から4チームが出場しました。我が多摩岳精会からは女子合吟チームが出場し、15位に入賞しました。おめでとうございます(下の集合写真が多摩岳精会女子チームです)。


2017年11月25日(土)に北区赤羽会館にて、東京都吟剣詩舞道総連盟 主管の 第30回東日本地区吟詠指導者特別研修会 が催されました。多摩岳精会からも役員の渡会長の他に2名の方が出席し、特別講演のあと模擬吟詠による採点実習を受講致しました。(記事投稿:加藤敬泉)

角田先生の「詩吟が健康に最適」とのお話、河野先生の「舞台では前奏と一緒に口ずさみながらマイクに向かう」等の役立つお話が聞けました。


2017年11月19日(日)~20日(月)に多摩吟行会(群馬 伊香保方面のバス旅行)が行われました。今回は渋川岳精会との吟詠交換会の形で行われ、多摩岳精会から43名、渋川岳精会から11名の参加を頂きました。大きな盃での乾杯に続いて、お互いに独吟、合吟を披露。懇親会ではカラオケ、踊りと楽しく、和気あいあいの中であっという間に時間が過ぎ、大いに親交を深めることが出来ました。(記事投稿:加藤敬泉)

 

世界遺産の富岡製糸場は今見てもモダンな建物で、とても広く、絹産業で日本の近代化に貢献した人達の様子が伺えた。

 

五徳山水澤観世音

お堂は紅葉の木々の中に囲まれて美しかった。

多摩岳精会と渋川岳精会との吟詠交換会と懇親会風景

鬼押出し園では、雪化粧した浅間山を見ながら、浅間山観音堂まで歩いてお参り。


2017年10月29日(日)に「品川区吟剣詩舞道連盟 創立六十周年記念 吟剣詩舞道大会」が荏原文化センター大ホールにて開催されました。当日は台風接近の影響であいにくの天候であったにも拘わらず、大勢の皆様のご出席を頂きました。多摩岳精会からの出吟も多々あり、男子・女子の会員合吟や、会員吟詠、構成吟、理事・理事長吟詠を聴くことが出来、大変有意義な一日となりました。


8月20日(日)に開催された第14回 外郎(ういろう)売りの口上大会 の代表の善波裕美子様より左記の 御礼とご報告 を頂きました。

準備を含めて参加された多摩岳精会の皆様、本当にご苦労様でした。

 


 

 第14回 外郎(ういろう)売りの口上大会 に多摩岳精会が参加します。

  平成29年8月20日(日)

  小田原市民会館大ホール

  会場:13時  開演:13時30分

  

こちら をクリックすると、鮮明な拡大画像が開きます。

  


多摩岳精会 物故者追悼法要が8月12日(土)午後2時から4時まで、川崎本部にてしめやかに行われました。渡会長をはじめ、副会長他の幹部の先生方から、歴代の33名の物故者の業績やお人柄への回顧など、尽きることのないお話がありました。

お盆には毎年物故者追悼法要が営まれます。

33名の物故者の氏名が後ろの壁に張られました。

 


 

平成三十年度 

全国吟詠コンクール指定吟題

 「青年の部・一般の部」